企業にとって不可欠!危険物貯蔵庫にまつわる知識や基礎知識をご紹介します!

危険物を取り扱う企業は、専門の業者さんに頼んで「危険物貯蔵庫」に保管をしている場合もあるかと思います。
しかし、自社で貯蔵する際には「消防法」と「毒物及び劇物取締法」の知識が必要となってまいります。
なぜなら、物質の性質や特徴を知らずに隣同士に並べてしまったため、火災や爆発が起きたり有毒ガスを発生させる恐れがあるからです。
もしも、事故が起きた場合、自身や企業だけでなく近隣の住人も巻き込む大惨事につながってしまいます。

企業にとって不可欠!危険物貯蔵庫にまつわる知識や基礎知識をご紹介します!

危険物には「指定数量」という、さまざまな種類の危険物のリスクを考慮して定められた数があります。
この数値は消防法で決まっており、同じ危険物貯蔵庫で1種類の危険物を貯蔵するとしても指定数量の何倍であるかを計算しなければなりません。
もしも指定された以上の貯蔵や取り扱いを行う際は、市町村などの許可を受けた施設で法令で定められた技術上の基準に則り保管しなくてはならないと決まりがあります。
そして消火設備の設置、種類・数量の届け出や管理者の選任と定期点検などを受けなければならない等、企業は事前に危険物貯蔵庫の知識を得ておくべきです。

企業の工場で使うアルコール等の保管に不可欠なのが危険物貯蔵庫!

企業の工場でアルコール等を保管している場合も多いでしょうが、このようなケースで必須なのが危険物貯蔵庫です。
危険物貯蔵庫とは危険物を貯蔵するための施設ですが、どんな場所でも良いわけではなく、立地とか広さや構造設備についての条件が定められており、これに反するような施設で保管することはできません。
もちろん取り扱う数量によっては特に何の条件もなくごく普通の場所や棚に置いたりすることも認められています、ガソリンは危険物の一種ですが、クルマを持っている人であれば燃料タンクにガソリンは入っており、それはとりもなおさず自宅のカーポートなどに存在していることになりますが、カーポートに危険物取扱いに関係するような構造設備の条件などありません。
これは、数量的に限定されているからですが、企業の工場ではより多量の薬品類を保管することになるでしょうから、どこでも良いわけではなく適合した危険物貯蔵庫が必要とされているのです。

危険物貯蔵庫が企業にとって不可欠なのは爆発や引火のリスクを回避するため!

危険物貯蔵庫が企業にとって不可欠なのは、爆発や引火などのリスクを回避するためです。
消防法では危険物は第一類から第六類までに分類されていますが、いずれもその薬品類自身が火災を引き起こしたり爆発したりする危険性があるため、そのリスクを避ける意味でそれなりの条件に合致する危険物貯蔵庫に保管しなければならないとされています。
代表的な危険物には例えばガソリン・アルコールのような可燃性の液体とか、金属ナトリウムのように空気や水に触れることで発火したり水素ガスなど可燃性の気体を発するもの、過酸化物とか塩素酸塩類などのようにそれ自体は燃えたりしないが、酸化力が強く他の物質を燃焼させる力が強いものなどが含まれていたりします。
これらを保管する貯蔵庫は、他の施設から適切な距離を置いて設置することや、屋根・壁・床が木材など燃えやすいものであっては困るので、そうではない素材で作ることといった種々の要件が定められています。

危険物の規則に関する政令に準じ必要な設備を標準装備した危険物貯蔵庫で必ず保管しよう!

最初に危険物として保管するために特別の許可が必要な物について確認します。
危険物は消防法に、種類別に第1種から第6種に分類されています。
それぞれの性質や品名は、消防法別表第1に記載されているとおりです。
これらの危険物を保管するための危険物貯蔵庫は、危険物の規制に関する政令において位置、構造、設備などの基準が設けられています。
位置に関しては、学校や病院などの施設から一定の距離を保つ位置に設置しなければならないという規定が設けられており、構造や設備は政令の第3章第2節の中で規定が示されています。
消防法においては、危険物貯蔵庫に係る罰則規定が設けられていませんが、違反を放置しておくと使用停止命令がだされる可能性があり、これの命令に違反した場合は、懲役、罰金などの罰則がなされる可能性もあります。
ただ、危険物の貯蔵は、罰則があるからではなく、国民の生命、財産を守るという観点からも必ず適切な貯蔵をしよう。

危険物貯蔵庫は迅速に設置出来たり移設が簡単なユニット型危険物貯蔵庫がおすすめ!

ガソリンなどの石油製品をはじめとして、適切な管理のもとで保管しないと火災発生などのリスクを抱える危険物を保存するには法令上の許可を得て、専用の設備に保管する必要があります。
このような危険物保管に特化した保管施設を危険物貯蔵庫と言います。
法令上の許可を取得して保有空き地に設置するのが一般的ですが、ある程度の大きさになると場所もコストも嵩んできます。
法令上の指定数量の枠内での少量を保管するには、通常の危険物貯蔵庫ではオーバースペックになることも。
コストと適正な保存設備の両方のニーズを充足するのが、ユニット型危険物貯蔵庫になります。
ユニット型の特徴は、完成状態の倉庫を設置場所に搬送してきたら、あとは底地に固定するだけですむことです。
つまり基礎工事からはじめる大掛かりな施工作業が必要ないので、リーズナブルな価格と短時間の工期で設置できるという大きなメリットがあります。
危険性がたかいものの、数量が少ないときにおすすめの危険物貯蔵庫です。

に関する情報サイト
危険物貯蔵庫にまつわる知識

危険物を取り扱う企業は、専門の業者さんに頼んで「危険物貯蔵庫」に保管をしている場合もあるかと思います。しかし、自社で貯蔵する際には「消防法」と「毒物及び劇物取締法」の知識が必要となってまいります。なぜなら、物質の性質や特徴を知らずに隣同士に並べてしまったため、火災や爆発が起きたり有毒ガスを発生させる恐れがあるからです。もしも、事故が起きた場合、自身や企業だけでなく近隣の住人も巻き込む大惨事につながってしまいます。

Search